4WDというと雪道などの悪路のためにあると考えられがちですが、それだけでなく全ての路面状況に最適なのが特徴となっています。
凍結路面など滑りやすい状況では四輪が駆動する安定感というのは、非常に安心感の強いものですがその効果というのは何も悪路だけでなく、通常の乾燥路面でも同じことがいえるのです。
四輪全てに力が加わった状態であるため、直進安定性に優れているのでハンドルなどを取られてしまう心配が少なく、安心して運転をすることが出来るという利点があります。
凍結路面ほどではないにしても、年間を通じて多い雨天時などにも安定性の高さがいかされ、スリップしやすい路面であっても四輪がしっかりとトラクションを地面に伝えることができるので、安定した走りをすることができます。

例えば、二輪車であれば駆動輪が二つしかないわけですからひとつあるいはふたつのトラクションが失われればそれだけ走行安定性は大きく落ち込んでしまうわけですが、4WDの場合にはひとつまたはふたつトラクションがかかっているわけですから完全にコントロールを失ってしまうというところがないのが強みとなっています。
このように4WDというのは走行安定性に関しては、ずば抜けたものを持っています。

最近の投稿