ank通常自動車にはオートマティック(AT)とミッション(MT)があり、それぞれの種類で大きく運転方法がかわります。

ATにはMTのようにクラッチペダルがなく、そのままチェンジレバーを操作すればギアの操作が可能です。「P」はパーキングと言って止めた後にロックする機能で、「R」はバックギアに入れるときに使用し、「N」はニュートラルでギアが入っていない状態です。
その他「D」「1」「2」など走行中に高速や低速を切り替えるレバーがあります。

ギアの入れ替えの際に足を使わず操作をしやすいのが特徴ですが、メーカーや種類によって大きく位置が変わる場合がありますので、自分が運転するもののレバーの位置をよく覚えておく必要があります。それとMTから乗り換えた人は、クラッチのペダルがないためにブレーキを間違えて踏んだりすることもありますので、よく習熟する必要があります。

一方MTの場合は、クラッチのペダルを踏んでチェンジレバーを操作しますので、坂道や下り坂など状況によって素早く切り替えられます。ただ坂道や踏切での一時停止の場合にエンストを起こすことがあるので、こちらも習熟が必要です。

このようにレバーやペダルが大きく違っていますので、購入前に自分の運転しやすいものを選ぶことが重要です。

最近の投稿