日本の車は海外においても大変人気が高く、日本の車は性能が良いことと、壊れにくいということで、とても好評となっています。それで、たとえ古い車でも、修理したり、整備したりしながら、日本の車に乗りたいと考えておられる方は少なくありません。それで、日本の中古車は海外において特に需要があるといえます。
この輸出のためにはまず売買契約を行う必要があります。販売価格や条件を決めます。手付金をもらって船積み後に残金を受け取るというケースも多くあります。
次に船積みの手配が必要になります。船会社へ輸送の予約をいれ通関の手配をします。そして許可通知証をもらう必要があります。そして、船積みが終了したなら、そのことを相手に伝えて、車の残金の支払い請求を行います。そして代金の回収を行い、車両の所有権をバイヤーに渡します。そして、船積みが終了したなら、自動車リサイクル輸出返還事務センターに申請を行い、自動車リサイクル料の還付を受け付けてもらうようにする必要があります。そのための必要書類は船荷証券など幾つかの書類が必要となりますので、必要書類を揃える必要がります。
海外への売却のためにはこうした手順を理解して、取引を行う必要があります。

最近の投稿