中古車の輸出では、貿易条件として、輸出先国によっては、輸出前にJEVIC、JAAIなどの輸出前の車輌検査が必要な国もありますので、輸出前検査が必要な場合には、車輌の輸出検査を受ける必要があります。
そして、輸出車輌の車体や、車内、そして、タイヤなどに、泥や植物の種子などが付いている場合、輸入先の国で、検疫に引っかかってしまい、最悪、輸入ができなくなってしまう場合もあるため、搬入前には、しっかりと車の隅々まで、きちんと洗浄、洗車しておくことが肝心です。
また、車内や、トランクルームの中に、予備のタイヤ一本、工具類一式など、その車両の標準装備品であると、仕入れ書に記載されている貨物以外の物が置いてあった場合、輸入先の国で、受け入れができないことがありますので、充分な注意と確認が必要となります。
そのため、そのようなことがないように、輸出車両に、カーステレオなどの設置のサービスをする場合には、必ず、送り状に、しっかりと商品名と価格の追記を記した明細が必要となります。
さらに、事故車などの場合、車両をバラバラに解体した場合には、自動車としてではなく、車のパーツとしての部品の扱いとなるため、これらの輸出では、パーツの輸出に必要な証明書が、輸入国先で必須となることもあります。

最近の投稿