走行中エンジントラブルを起こした場合、自分で解決できるのはオーバーヒートを起こしたケースです。オーバーヒートは過熱状態となり、出力が得られなくなる現象です。なぜオーバーヒートを起こしたのかその原因を探る必要があります。冷却水が漏れてしまって十分冷却ができなくなってしまっているような場合には安全な場所で直ぐにイグニッションを停止させて冷却しなければいけません。しかし、長時間の渋滞に巻き込まれたことで、冷却効率が低下してしまっているような時には、逆に停止させてはいけません。急に停止させてしまうと内部のオイルが焼き付きを起こしてしまう可能性があるためです。


そして、ボンネットを開けボンネット内部の風通しを良くしてください。ただし、ボンネットを開ける際は、ラジエターなどからの漏れが無い事を確認し破裂の恐れが無い状態で行ってください。それらの作業は安全が十分に確認できる場所に停車して実行してください。現在の自動車の場合に起こるトラブルの多くは自分で対処できる構造にはなっていないため、専門の業者に依頼する事になってしまいますが、冷却系のトラブルは自分でも対処できる事から覚えておくと便利な対処法です。

最近の投稿