a0001_013081例えば、事故に遭った車をDIYで修理するとなれば、傷の程度にもよりますがある程度高いレベルの知識や技術、経験などが必要になってきます。そういった場合には板金塗装業者やディーラーなどに修理を依頼するという方が賢明ですが、ちょっとした擦り傷やへこみ、割れなどであれば自分で傷の補修が出来れば便利です。

例えば、すり傷であればコンパウンドやタッチペンだけで修復できる可能性があります。これらは1mm以下の幅・深さの傷がメインになりますが、タッチペンであれば1mm程度の傷であれば十分に補修することが出来ます。ちょっとした傷でも専門業者にお願いすると5000円程度の費用が必要になりますが、DIYであれば数百円程度で済みます。仕上がりの見た目が気になるという不安もあるかもしれませんが、そのレベルの傷であればほぼ分からない状況まで修復することが可能です。

使い方も簡単で、コンパウンドであれば磨くだけ、タッチペンなら傷をなぞるだけです。比較的小さな傷に利用する方法であるという事もありますが、時間にして数秒~数分程度で完了することが多いので非常に簡単です。小さな傷でも本人からすれば非常に気になるものですので、すぐにリペアできる準備をしておくと良いでしょう。

最近の投稿