車にできた小さなダメージ程度ならセルフで簡単に隠すことができます。
ボディの傷を補修する方法としては、専用のペンで塗装することによって隠すことが可能です。また、塗装スプレーもあります。
これらのアイテムを使う場合、必ず愛車にマッチしたカラーを選ぶことが大切です。同じカラーでも車種によって微妙に色合いが違っていますし、専用の物を選ぶようにしないと違和感のある仕上がりになってしまいます。
また、スプレーを利用する際には補修する箇所以外の部分をマスキングするなどして保護することが大切です。マスキングを疎かにすると余計な部分にまで色が付いてしまいますので十分注意が必要ですし、また風の心配がないところで作業を行うようにしましょう。
アルミホイールがダメージを負った時にも自分で補修することができます。ホイールを補修する際のやり方としてはアルミパテを利用する方法があります。専用のパテをダメージがある箇所に塗り込んで乾かすだけで簡単に傷を隠すことが可能です。
もっと手軽に傷を隠したい時にはシールタイプのキットを利用する方法もあります。パテを利用する時と比較すると仕上がりに違和感があるかもしれませんが、貼るだけで簡単に傷を隠せます。

最近の投稿