一般的に軽いとされるアルミよりも、マグネシウムホイールは軽量で、走行性能や燃費性能に期待が持てます。
しかし、製造コストの観点から量産が難しく、製造可能なサイズが限定されるので、市場に出回る製品の数に限りがあります。
また、塩分に対する腐食性や、衝撃に対する弱さを持ちますから、使う場所や環境から影響を受けます。
加工の難しさも存在しているので、製品化する難易度は高く、この点が生産コストや価格に反映されます。
防錆や塗装にダメージが発生した場合は、速やかに対処が必要など、通常のアルミニウム製品より取り扱いの難しさがありますし、酸素や水分、その他大気中の物質と反応して、腐食やサビの進行が起こります。
一度腐食してしまうと、耐久性や強度低下が起こりますから、運転上の安全性に影響するので注意が必要です。
特に、沿岸部や海沿いを走ったり停車するなら、水による小まめな洗浄が欠かせませんし、塩分の付着を避ける事が大切です。
これらの特徴は存在しますが、速度重視の高級車では、消耗品である事を割り切って採用されたり、寿命よりスピードを優先した開発が行われる場合があります。
製造や管理が難しい素材なので、レース目的や特殊な用途で採用される事が多いホイールといえます。

最近の投稿