車の外装に傷がついてしまった場合に修復する方法として、最も確実かつ適切な修復方法は「板金業者にお願いする」という事でしょう。板金業者に修復を依頼すると、まるで傷など無かったかのような状態まで修復してもらえます。しかし、例えば小さな傷やへこみであっても数万円~の費用が必要になる可能性があります。傷を目立たなくする、へこみを直すだけと言った場合には数千円で済むことも多いですが、見た目を気にするのであれば費用は大きくなります。

大きな傷ならば専門業者にお願いする方が賢明でしょうが、小さな傷であれば自分で修復してしまった方が時間も費用も節約することが出来ます。DIYで対処できることが増えれば、愛車のメンテナンスやカスタマイズの幅も広がるので身に着けて置いて損はないです。

ひっかき傷を修復する方法として簡単なものは「タッチペン」を使う方法です。場合によってはそのまま傷をタッチペンで埋めていくだけでも十分な場合もあります。1mm程度の傷であればタッチペンだけでも十分に修復できます。また、それ以下の細かい傷の場合には「コンパウンド」を使って磨くだけで傷を消すことも出来ます。爪が引っかかるかどうかという程度の傷ならば完全に消し去れる可能性もあります。

最近の投稿