車に傷が付いてしまい、表面が削れたというような際にはタッチアップペンを使って補修することがまずお勧めされることになります。
これは傷が美観を損ねるからというのが理由なのですが、美観のことを気にしないのであればカラーナンバーを調べてタッチアップペンを買って、と言った手間は不要なのではとも思えるでしょう。
ですが実は、傷が出来てしまって外側の塗料が落ちてしまっているということは「本来と量に隠されているべき金属部分が露出している」ということになります。
車は外見こそ様々な色で出来てはいますが、しかしそれは金属に塗料を塗って色を付けているだけです。
もしその色が落ちて奥の金属部分が露出してしまっているのであれば、本来入ってはならない部分に水や空気が入っていってしまっていることになるでしょう。
そうなると車両に使用されている金属は腐食しやすくなり、最初はタッチアップペンで少し塗れば直ったようなものが大規模な錆び落とし作業にまで発展してしまいかねません。
錆び落としの作業はただ色を塗り直すのと比べて手間も費用もかかりますから、最終的な負担を考えるのであれば色を塗り直すだけで終わる段階で補修してしまったほうが良いということになるのです。

最近の投稿