高速走行する場合に運転して車体の安定性を感じるのは空力パーツの性能やサスペンションの性能の影響もおおいにかかわってきますが、駆動方式の観点から考えたときに、二輪駆動と四輪駆動を比較すると、路面がドライな状態ではどちらが優れてると差が見つけにくい程なのですが、雪が積もった道や雨の道では二輪駆動はスリップしやすいのに対して四輪駆動は圧倒的に安定してます。路面環境の変化に関わらず四輪駆動にすることで走る環境の変化を気にすることもなくなります。
ここで他の駆動方法のメリットデメリットもあげていくと、二輪駆動の中のまずFF方式を考えます。FFは雨天時など水たまりなどでハンドルを取られる感覚になったり、FRより操舵が気持ち重めになっていて4輪駆動に比べると高速走行性能も少し劣ります。雪道を走る場合はチェーンを装着すれば安定走行できる特徴を持ってます。
次に二輪駆動のFR方式は、雪道走る場合は操舵不能になりFFにも劣りますが、雨天時は以外にFFより安定し高速走行も高いレベルで安定した走りが可能です。
四輪駆動の場合は雪でも雨でも高速走行も抜群の安定感で運転してても安心感があります。ただしフルタイム4WDなど特に燃費の面では他の駆動方式より悪いという一点デメリットがありますが4WDは乗る人にとっては安心のシステムと言えます。

最近の投稿