4WD車の欠点の一つとして挙げられがちなのが、小回りが利かないことです。
一口に4WD車といっても最近は様々なシステムがあるため、必ずしもそういうわけではありませんが、確かに一般的な傾向としては他の一般車と比べて小回りが利かないのは事実でしょう。
この理由は主に2つあります。
まず一つ目が4輪であるということです。
通常、車は曲がる際に前輪と後輪の向きがずれることで曲がるようになっていますが、4WDの場合は全ての車輪が回転するため、中心点から遠くなるほどタイヤの回転力が必要となり、エンジンパワーが足りずに若干のブレーキがかかったような状態になってしまうのです。
4WDではこうした動きが前輪と後輪の全てに起こるため、曲がりにくくなるのです。
もう一つの理由としては、ハンドル切れ角が小さいことが挙げられます。
特にクロスカントリータイプやジープ、ピックアップトラックなどの場合は、駆動システムと操舵の干渉が強いため、元々、ハンドル切れ角が取れないこともあります。
最近は、こうしたタイプにも改良が加えられていますが、古いタイプの4WD車では、想像以上にハンドルが切れないことも珍しくありませんので注意が必要です。

最近の投稿