ホイールはその製法の違いによって大きく分けて二つの種類があります。
中でも比較的安価なホイールに多くみられるタイプとなっているのが「鋳造」によって作られたものです。
ではこのタイプのホイールの特徴はどこにあるかというと、やはり最も大きなポイントになるのはその安さです。
ホイールの主な素材としてはアルミなどの金属がありますが、この製法の場合は溶解させた金属を型に流し込むことでホイールが作られることになります。
型に流し込んだ後で冷やしてホイールとしての形状を作り、そこから細かな加工をしていけばすぐに作ることができますから、現在製造されている安価なホイールのほとんどがこれによって作られています。
またもう一つの特徴となるのが、型を作ることさえできれば理屈の上ではどのような形状のホイールでも作れるということです。
しかも一度型を作ってしまえば大量に製造することができますから、凝ったデザインのホイールを製造するという場合でも活用できることでしょう。
もう一つの製法となっている「鍛造」はアルミを削り出して作るために高額になりがちな上、あまりにも凝った造詣のものになると一つ作るだけに何十時間もかかってしまいますが、この製法であれば安価に、ある程度凝ったデザインのものを自由に作れるという特徴があるのです。

最近の投稿