一本松展望園は 岡山県瀬戸内市にある道の駅で、岡山ブルーライン上にあります。岡山ブルーラインは、県道397号にあたりますが、岡山と姫路を結ぶ国道2号のバイパス的な役割を果たす道路で、軽快にドライブすることができます。なかでも瀬戸内の島々を一望できるこの一本松展望園は、その名の絵のとおりの景色にすぐれた場所であり、ついカメラで撮影したくなるスポットとして立ち寄る人も多いようです。この道の駅の自慢として、全国でも屈指の規模をもつというミニ鉄道公園があり、石炭を燃料に走るSLや新幹線のミニチュア、サイクルカーなどにじっさいに乗って楽しむことができるため、とくに子供たちには大人気となっています。道の駅にはJAの売店も併設されているため、地元で生産された新鮮な野菜や果実などを年中無休で販売しており、いろいろとめずらしいものが手に入ります。レストランではこうした新鮮食材をつかった田舎カレーなどがメニューとしてありますので、ちょっとした腹ごしらえもこの道の駅ですませることができます。毎月のはじめの日曜日には「ふるさと朝市」も開催されていてにぎわっています。ここは春には桜の名所ともなっていますので、花見で訪れるのもよいかもしれません。

最近の投稿