インパネ式とは

| 未分類 |

 

インパネ式とは、インパネ式シフトレバーの事であり、このシフトレバーがフロントシート手前にあるインパネに設置されているものを指します。

このインパネ式を取り入れる事により、フロントシートの確保が可能になる事や操作性の向上などが挙げられ、近年ではステーションワゴンなどに多く取り入れられています。

従来のものと比較しても、必然的にシフトレバーがハンドルの近くにある為、シフトをチェンジする際などには操作を行う時に大変便利であると言えます。

更には正面パネルにオーディオ、エアコンなどと並んで組み込まれているといったところも、従来のものと比較した場合において場所を取らないといったメリットもあります。

またコラムシフトなどと比較しても、格段に操作がしやすくなっている事や、シフト表示も視界に入りやすい為、シフトミスなどの軽減にも繋がるといった期待もされています。

その一方でパネルにレバーが設置されている構造上、より複雑な構造となっており、同じパネル上に設置されているオーディオなどの清掃を行う際には注意が必要であると言えます。

自家用車はドライバーにとって日に日に乗りやすく、使いやすい変化を遂げていると言え、特に乗り心地や運転のしやすさに注意を置き、改良化されていると言えます。

購入の際には、この様な点も含めて検討すべきであると言えます。

最近の投稿