意識していても、ふとしたきっかけで傷がついてしまいやすい為、簡単な補修であれば自分で出来るようにしておくと非常に便利です。大きな傷の場合は専門業者に依頼した方が確実ですが、経験を積むことである程度までならばDIYで対応することが出来るようになります。

車の下側の傷の場合、少しのきっかけでも比較的大きな傷になりやすいです。幸い、外からは中々見えないのでそのままにしておいてもそれほど問題はないでしょうが、側面の場合には話が違ってきます。側面に傷がついてしまった場合、小さな傷であれば「コンパウンド」を使って簡単に消すことが出来ます。深さも幅も1mm以下の傷に限定されますが、例えば車同士でこすってしまった場合などはコンパウンドで十分対応できることも多いです。研磨剤が入っているので、それを使って磨くことで周りの塗装を目に見えない範囲でこすり取り傷を埋めることが出来ます。同じ塗装色を使うので色むらは気になりませんし、キレイに磨き上げることで汚れを落とすことも出来ます。錆防止の効果などもある為、傷から錆が進行するというリスクも回避することが出来ます。

爪が引っかかる程度の傷になるとコンパウンドで修復することは難しくなってくるため、他の方法を選択する必要が出てきます。

最近の投稿