大切な車に傷が付いてしまったら、カラー塗料で塗装をします。その前にはプラサフをしてから行うようにしましょう。プラサフとは下塗りのことです。これをするのとしないのでは塗料ののりが全く違いますし、防錆効果もあります。塗装の工程でも重要とされているので、面倒でもしっかりと下塗りをしましょう。
プラサフは黒みの度合いでカラーが分かれています。ホワイト・グレー・ブラックの三種類で、グラデーションがあります。所有しているボディカラーで選んでください。目安は黄色・白・イエローパールの明るい色ならホワイト、ライトブルー・シルバー・ライトグリーンなら軽めのグレー、黒やダーク系ならブラックです。とりあえずホワイトでいいだろうと簡単に選んでしまう人も多いのですが、それはおすすめできません。
カラーに合わないものを選んでしまうと、仕上がりに影響が出てしまいます。例えば、塗装が赤の場合にホワイトの下塗り塗料を選ぶと、白みがかった赤になります。ブラックを選ぶと、黒みがかった赤になってしまうので、塗装をした部分だけが浮いてしまうのです。色選びは重要なので、慎重に選んでください。スプレーなので、塗装も手軽に行えます。カラー塗料のみで傷を直すのもアリなのですが、下塗りをしていた方が仕上がりも綺麗です。この下塗りスプレーはホームセンターやカーショップ、ネットショップでも購入できます。

最近の投稿