ブレーキとは

| 未分類 |

ブレーキとは簡単に言いますと動きを抑制して低速や停止をする事です。一つ目は足元のフットブレーキを踏む事により装置を駆動させて走行のスピードを低速にする事や停止する事です。使用方法は色々あります。軽く踏むと抑制も軽いので走行スピードも徐々に低速になりますが、駆動時間が長いので止まるまでの距離も長くなります。強く踏むとタイヤがロック状態になり道路との摩擦により急に止まります。この方法は雨天や高速道路ではタイヤが滑り制御出来なくなり非常に危険です。安定して停止する為に踏んで、離して、を数回繰り返して行うポンピングと言う方法があります。この方法を行うと後続への合図となりますので追突される危険が低くなります。二つ目は動かない様にする装置です。通常運転席横のサイドブレーキを言いますが、フットの場合もあります。これは駐車場等で停止後動かない様にする装置です。坂道で使用する時にはタイヤの向きも斜めにして移動しない様に危険回避をします。三つ目はエンジンブレーキです。ギア比を下げる事によって低速走行にします。長い坂道を下る時に使用しますと有効です。フットブレーキを使い続けると効かなくなって非常に危険です。これはよくテレビや新聞にニュースとして事故として報道されていますので注意します。

最近の投稿