4WDというのは非常にメリットの多い駆動式であり、特に走行安定性の高さというのは最大の特徴となっています。
4つのタイヤが全て駆動しているので、4輪のうち2輪しか駆動しない2WDと比較をしてはるかに高い走行安定性を持つものとなっています。

2WDというのは駆動輪が2輪しかありませんから、片輪の駆動が失われれば安定性が大きく損なわれることになってしまいますし、両輪の駆動が失われればコントロールをするのが難しくなってしまいます。
しかし、4WDの場合には1輪の駆動を失っても残り四輪でそれを補うことができますし、2輪が失ってもまだ2輪の駆動が残っているのでコントロールが完全に効かなくなるということはありません。
最悪3輪の駆動がなくなってしまったとしても、1輪の駆動が生きることになるので雪道などの悪路でスタックしてしまうような状況でも残りの1輪で抜け出すことが出来るということもあるのです。

また、4輪全てに力を伝えることができるので直進安定性が優れているというのも魅力であり、とにかく真っ直ぐ走ることができるという利点があります。

このように4WDというのは走行性能の面に関しては、非常に優れた駆動方式となっているのです。

最近の投稿