4WDの欠点とは

| 未分類 |

走行安定性に優れた4WDですがいい所だけではなく、デメリットも少なくありまえせん。
まず、4WDの欠点としては部品点数が多くなってしまいますから、その分だけ車両の価格が高くなってしまいます。
部品の数が増えれば車重も重くなりますから、その分だけ余計に燃料を消費することになってしまうので燃費も悪くなってしまうことになります。
車重が重くなれば燃費が悪くなる以外にも、スピードが出た時に止まりにくくなってしまうということもあります。
また、部品の数が増える分だけメンテナンスが必要な部分が増えることになりますから、その分だけ余計に費用がかかってしまうことになるのです。
費用の面に関していえば、その他にも4WDの場合タイヤのサイズというのは全て合わせなければいけないので、ある程度乗った車のタイヤの一本がパンクをしてしまった時などには、全てを交換しなければならないので費用がかさんでしまいます。
それ以外にも小回りがききにくかったりするといった欠点もあり、高い走行安定性と引き換えにいくつかのデメリットも出てきてしまいます。
そのため、4WDの車を選ぶ時にはこのような欠点となる部分もよく理解して、選ぶようにすると良いでしょう。

最近の投稿