» 2016 » 4月のブログ記事

市販されているホイールのほとんどは鋳造ホイールなのですが、デザイン性の高い商品が多くなっています。鍛造ホイールとはアルミを高温で溶かして液状にし、それを型に流し込んで成型するものであり、生産に手間がかかるので基本的には高価であるとされています。また、デザインの自由度に制限があるということなのですが、単に価格が高い商品というわけではなく、鋳造に比べて軽量に作ることができるというメリットがあります。ちなみに、最近では合金材料や製造技術が進歩したことにより、コストも少しずつ低くなってきているため、高級車やハイブリッド車などに採用される場合もあります。さらに、複雑なデザインの商品も増えてきており、他にもさまざまな特徴が挙げられます。硬度があるので引っ張り強度には強く、曲げ強度に弱いという側面もありますが、専用の素材で高圧プレスされているので耐久性が高くなっています。また、大径ホイールを履いても乗り心地を確保できるということや、加速性が良くなるということ、ステアリングの切れがスムーズになってブレーキが効きやすくなるといった効果も期待できます。ホイールの丸さにこだわれば直進性がアップしますし、耐腐食性が高いことなどもメリットと言えるでしょう。

ホイールはその製法の違いによって大きく分けて二つの種類があります。
中でも比較的安価なホイールに多くみられるタイプとなっているのが「鋳造」によって作られたものです。
ではこのタイプのホイールの特徴はどこにあるかというと、やはり最も大きなポイントになるのはその安さです。
ホイールの主な素材としてはアルミなどの金属がありますが、この製法の場合は溶解させた金属を型に流し込むことでホイールが作られることになります。
型に流し込んだ後で冷やしてホイールとしての形状を作り、そこから細かな加工をしていけばすぐに作ることができますから、現在製造されている安価なホイールのほとんどがこれによって作られています。
またもう一つの特徴となるのが、型を作ることさえできれば理屈の上ではどのような形状のホイールでも作れるということです。
しかも一度型を作ってしまえば大量に製造することができますから、凝ったデザインのホイールを製造するという場合でも活用できることでしょう。
もう一つの製法となっている「鍛造」はアルミを削り出して作るために高額になりがちな上、あまりにも凝った造詣のものになると一つ作るだけに何十時間もかかってしまいますが、この製法であれば安価に、ある程度凝ったデザインのものを自由に作れるという特徴があるのです。

一般的に軽いとされるアルミよりも、マグネシウムホイールは軽量で、走行性能や燃費性能に期待が持てます。
しかし、製造コストの観点から量産が難しく、製造可能なサイズが限定されるので、市場に出回る製品の数に限りがあります。
また、塩分に対する腐食性や、衝撃に対する弱さを持ちますから、使う場所や環境から影響を受けます。
加工の難しさも存在しているので、製品化する難易度は高く、この点が生産コストや価格に反映されます。
防錆や塗装にダメージが発生した場合は、速やかに対処が必要など、通常のアルミニウム製品より取り扱いの難しさがありますし、酸素や水分、その他大気中の物質と反応して、腐食やサビの進行が起こります。
一度腐食してしまうと、耐久性や強度低下が起こりますから、運転上の安全性に影響するので注意が必要です。
特に、沿岸部や海沿いを走ったり停車するなら、水による小まめな洗浄が欠かせませんし、塩分の付着を避ける事が大切です。
これらの特徴は存在しますが、速度重視の高級車では、消耗品である事を割り切って採用されたり、寿命よりスピードを優先した開発が行われる場合があります。
製造や管理が難しい素材なので、レース目的や特殊な用途で採用される事が多いホイールといえます。

アルミホイールはデザインが豊富にあるのが特徴です。スチールホイールの場合、基本的にはホイールキャップを装着する事になりますので、ホイール自体のデザイン性はあまり良くありません。アルミですとデザインが豊富にありますので、足元のファッションを楽しむ為にも最適です。
スチールと比較すると軽量な作りになっている事が多い為、悪路などを走行した時の突き上げを減少できるという良さもあります。また、軽量な事によって若干燃費が良くなる事もあるようです。
ブレーキ性能が安定しているのも特徴です。アルミ素材は放熱性が高いという事もあり、ブレーキの発熱を抑える事ができます。例えば峠を下る時にはブレーキを多く利用しますので、熱が蓄積され易くなりますが、アルミですと熱が溜まり難いのでスチールよりもブレーキが安定すると言われています。
腐食し難いのもアルミ素材が良い理由です。アルミというのは腐食性に強い為、長持ちさせる事ができます。表面的には傷んでいるように見える事がありますが、内部まで腐食する事も少ない為、長く利用する事が可能なのです。
因みに多くの方は機能性を求めてというよりも、ファッション性を第一に考えてアルミにする事が多いようです。

車においてタイヤの重要性はよく知られていますが、そのタイヤが付いているのがホイールです。
タイヤだけでなくホイールによって乗り心地や燃費に大きく影響が出てくるのです。
もちろん、見た目にもかなり差が出てくるパーツになりますので、デザインにこだわるという人も要チェックな部分になります。
そんなホイールですが、アルミニウムやマグネシウムもありますが一般的なのはスチールホイールです。
鉄製のスチールで作られているホイールになりますが、アルミニウムと比較して安価である事や強度が強いという事が挙げられます。
万が一タイヤがパンクしてしまった場合でも、その他の物と比べて長い距離をパンクしたままでも走行が可能なほど強度に優れています。
丈夫なのでサビなどが発生してもワイヤーブラシやサンドペーパーなどでサビを落として、リペイントすれば変わらず使用が可能なので長持ちします。
しかし、アルミホイールなどと比べて鉄なので重量が重たいという特徴があります。
また、放熱性にもアルミなどと比べると劣ってしまいますし、どうしてもデザイン性に劣ってしまうのもこのタイプの特徴です。
つまり、スポーツカーなどには不向きですが商用車や乗用車には向いているホイールと言えます。

ホイール素材と特徴

| 未分類 |

自動車のタイヤを履かせているホイールには、主な素材にスチール製とアルミ製のものがあります。スチール製のものは価格が安いというメリットや頑丈であるというメリットがあります。逆に重たいというデメリットやデザイン性が低いというデメリットがあります。重たいとハンドリングや燃費などに悪影響を与えます。タイヤを履きかえるときなども重たいので大変力を必要とします。デザイン性も乏しいので、上からキャップをかぶせるのが一般的ですが、アルミ製の豊かなデザインと比べようもなく、お洒落にクルマをドレスアップしたい方には不向きです。アルミ製を履きたいなら、新車を購入する段階から購入したほうが後から履き替えるよりも経済的です。

また、アルミ製の特徴は軽いということと、デザイン性が高いということです。軽いのでハンドリングが向上します。そのためスポーツカーにはアルミ製が多いです。またデザイン性が高いので、そのクルマにあったデザインのものと合わせることで、クルマの魅力が一段と引き立たせることができます。デメリットは素材が柔らかいのでキズが付きやすいということです。一旦キズがついてしまうと、修復するには専門的な技術が必要になってきます。

ディスクとは

| 未分類 |

自動車の広告などによく掲載されているディスクホイールという言葉がありますが、どの部品のことを言うのでしょうか。ホイールというのは、タイヤ関係の部分の部品です。その中でも、タイヤを車に取り付ける円盤状の部品です。タイヤと共に、走る、曲がる、止まるという自動車の基本機能を支えています。そのために3つのことが要求されます。1つ目は、十分な強度があることです。ホイールには、大きな重量がかかります。さらには、駆動や制動時の衝撃、旋回時の遠心力なども加わります。これらに耐えられる強度が必要です。2つ目は、軽いことです。自動車は乗り心地を良くするために、タイヤやボディなどをばねで支えています。このばねよりも下についているタイヤやホイールなどの重さが軽いほど乗り心地が良いとされています。そのために、軽くて強いことが要求されるのです。3つ目は、リム形状が正確で精度が高いことです。タイヤとホイールは空気の圧力とリムとタイヤの接触部の制度だけで取り付けられています。ボルトなどは一切使用されていないのです。そのため精度がよくないと空気が漏れてしまいます。このように車を快適に乗るためには、重要な役割を果たしています。

ウエルとは

| 未分類 |

ホイールウエルとは、タイヤの脱着を簡単にするために深底リムの中央部につけられた窪みの事です。この窪みにはタイや気室内の空気容量を増やして乗り心地を良くする働きや、荷重変動に対するタイヤ特性の変化を少なく抑える働きもあります。ホイールを横から見た時に窪みが中心線より表側に近い位置にあるのが標準的なホイールで、裏側の近くに窪みがあるタイプをリバースタイプのホイールと言います。リム径やリム幅はインチで表示されるのが一般的で、ホイールにはリム形状によって異なる記号が表示されています。これらの記号にはタイヤをホイールにセットする時に前面と後面のどちらからセットすれば良いかなどの情報が示されています。リムのふちの形を示すフランジ形状は、一般的な乗用車の場合JまたはJJと表されます。オフセット値はホイールの取り付け面の位置を示すもので、車体側とホイールの接触面がホイールの幅の真ん中から何ミリメートル車体外側にあるかを表しています。数字がマイナスになっている場合は、ホイールが車体外側に出てきている事になります。この様な数字はホイールを選ぶ際に重要になるので、専門業者と良く話し合った上で決める事が大切です。

ホイール基礎用語

| 未分類 |

タイヤは車にとって路面と接している唯一のパーツとなりますが、タイヤが付いてるものがホイールになります。
タイヤと同様に性格によって燃費や乗り心地に大きな影響を与えるもので、交換することで車の特徴を左右します。
リーズナブルな価格で手に入れることが可能な点がメリットで、軽さによってスポーツ性能や乗り心地に直接的な影響を与えるものとなります。
種類としては強度が高い1ピースのものと、デザイン性の面で優れている2ピースや3ピースのものがあります。
材質としてはスタイリッシュなアルミ合金製のものが主流となっており、スチール製のものと比較すると軽量化させることができるメリットがあります。
品質を表わすための明確な基準があって、用語を把握しておくことによって安心して装着できるものを選べるようになります。
JWLは軽合金のものの安全基準となっていて、衝撃試験などのテストをメーカーが実施して、合格したものにJWLマークが表記されています。
JWL-Tはバスやトラック用のものの安全基準となっており、4WDやピックアップトラック、クロスカントリータイプの車などの安全基準を表わしています。
VIAはJWLやJWL-Tの基準に適合している品質のものを再確認して、合格した質のものだけが与えられるマークとなります。

タイヤホイールにはいくつかの種類のものがあって、それぞれにメリットやデメリットがあります。
一般的なものとしてはスチールホイールというもので、鉄でできているためにアルミホイールと比較したときには、安価でありながら強度の高いホイールとなります。
ただし、アルミに比べては重いものとなりますので、バネ下重量が大きくなってしまう点がデメリットとなります。
ホイールの種類にはアルミホイールもあって、アルミの特徴として軽い点を挙げることができますので、バネ下重量を軽量化することが可能です。
これによって路面の追従性を良くすることや、ハンドリングを向上させることにつなげられます。
アルミホイールはデザインの自由度が高い種類のものとなりますので、デザイン性の高いものに自分の好みで変えることができます。
デザイン性の高いものばかりを優先させてしまうと、強度を増すために肉厚となることが考えられますので、重量が増加してしまう点が欠点となります。
マグネシウムホイールの場合は、アルミホイールよりもさらに軽量なものとなっていて、燃費性能や走行性能の向上を図ることが可能です。
マグネシウムホイールは量産しにくいものとなりますので、一般的なものとは言えない特徴があります。a0002_004754

最近の投稿