» 2016 » 2月のブログ記事

4WD車の欠点の一つとして挙げられがちなのが、小回りが利かないことです。
一口に4WD車といっても最近は様々なシステムがあるため、必ずしもそういうわけではありませんが、確かに一般的な傾向としては他の一般車と比べて小回りが利かないのは事実でしょう。
この理由は主に2つあります。
まず一つ目が4輪であるということです。
通常、車は曲がる際に前輪と後輪の向きがずれることで曲がるようになっていますが、4WDの場合は全ての車輪が回転するため、中心点から遠くなるほどタイヤの回転力が必要となり、エンジンパワーが足りずに若干のブレーキがかかったような状態になってしまうのです。
4WDではこうした動きが前輪と後輪の全てに起こるため、曲がりにくくなるのです。
もう一つの理由としては、ハンドル切れ角が小さいことが挙げられます。
特にクロスカントリータイプやジープ、ピックアップトラックなどの場合は、駆動システムと操舵の干渉が強いため、元々、ハンドル切れ角が取れないこともあります。
最近は、こうしたタイプにも改良が加えられていますが、古いタイプの4WD車では、想像以上にハンドルが切れないことも珍しくありませんので注意が必要です。

4WDの欠点として車体が重くなってしまうことから、燃費が悪化してしまうというものがあります。
車というのは重量が重ければ重いほどその分パワーを必要としますから、重たい4WDというのは同じ車種の2WDと比較をして余計に燃料を消費してしまうことになるのです。
車が重くなればその分だけ止まりにくくなってしまうので、スピードを出した時に止まろうとした時に軽い車よりもとまるのに距離が必要となってしまうことがあります。

4WDというのは、四輪を全て駆動させるために部品の点数が増えることによって重くなってしまうので、このような欠点が生まれてしまうことになります。
また、部品が増えることにより車両の価格が高くなってしまうことと、メンテナンスにかかる費用も増えることになりますからコスト面で不利にもなってしまいます。
タイヤのサイズも合わせないといけないので、一本だけタイヤがパンクしてしまったという場合でも全てのタイヤを交換しなければ鳴らなくなってしまうことが多く、その分だけ余計にお金がかかりやすいものとなっています。

4WDは非常に利点の多い駆動方式ですが、このような欠点もあることをよく理解しておくようにしましょう。

4WDの欠点とは

| 未分類 |

走行安定性に優れた4WDですがいい所だけではなく、デメリットも少なくありまえせん。
まず、4WDの欠点としては部品点数が多くなってしまいますから、その分だけ車両の価格が高くなってしまいます。
部品の数が増えれば車重も重くなりますから、その分だけ余計に燃料を消費することになってしまうので燃費も悪くなってしまうことになります。
車重が重くなれば燃費が悪くなる以外にも、スピードが出た時に止まりにくくなってしまうということもあります。
また、部品の数が増える分だけメンテナンスが必要な部分が増えることになりますから、その分だけ余計に費用がかかってしまうことになるのです。
費用の面に関していえば、その他にも4WDの場合タイヤのサイズというのは全て合わせなければいけないので、ある程度乗った車のタイヤの一本がパンクをしてしまった時などには、全てを交換しなければならないので費用がかさんでしまいます。
それ以外にも小回りがききにくかったりするといった欠点もあり、高い走行安定性と引き換えにいくつかのデメリットも出てきてしまいます。
そのため、4WDの車を選ぶ時にはこのような欠点となる部分もよく理解して、選ぶようにすると良いでしょう。

高速走行する場合に運転して車体の安定性を感じるのは空力パーツの性能やサスペンションの性能の影響もおおいにかかわってきますが、駆動方式の観点から考えたときに、二輪駆動と四輪駆動を比較すると、路面がドライな状態ではどちらが優れてると差が見つけにくい程なのですが、雪が積もった道や雨の道では二輪駆動はスリップしやすいのに対して四輪駆動は圧倒的に安定してます。路面環境の変化に関わらず四輪駆動にすることで走る環境の変化を気にすることもなくなります。
ここで他の駆動方法のメリットデメリットもあげていくと、二輪駆動の中のまずFF方式を考えます。FFは雨天時など水たまりなどでハンドルを取られる感覚になったり、FRより操舵が気持ち重めになっていて4輪駆動に比べると高速走行性能も少し劣ります。雪道を走る場合はチェーンを装着すれば安定走行できる特徴を持ってます。
次に二輪駆動のFR方式は、雪道走る場合は操舵不能になりFFにも劣りますが、雨天時は以外にFFより安定し高速走行も高いレベルで安定した走りが可能です。
四輪駆動の場合は雪でも雨でも高速走行も抜群の安定感で運転してても安心感があります。ただしフルタイム4WDなど特に燃費の面では他の駆動方式より悪いという一点デメリットがありますが4WDは乗る人にとっては安心のシステムと言えます。

4WDの大きなメリットとして悪路走行に強いというものがあり、4WDの車を選ぶ人はこの性能を目当てに選ぶという人も多いものです。
雪道であったり、未舗装道路などでも四輪が全て駆動をするため前に進もうとする力が強く働くため、路面状況が悪くても安定した走りをすることができるという利点があります。

四輪のタイヤに全て力がかかるわけですから、雪道のような滑りやすい路面では一部のタイヤが滑っても残りのタイヤが車を押し出そうとするのでスムーズに走ることが出来ますし、未舗装道路などの場合にはタイヤに力が加わりにくかったりするのですが、四輪全てに力が加わっている状態であるためこちらも一部のタイヤに力が加わっていなくても、他のタイヤでカバーをすることができるので未舗装道路でも安定した走りを得ることができるのです。

2WDの場合にはどちらかの駆動輪の力が抜けてしまったり、あるいは両方の力が抜けてしまった場合にはハンドルが取られてしまったりするのですが、4WDの場合にはほかのタイヤの力でカバーをすることができる分だけ安定した走りをすることができます。

4WDはタイヤが全て駆動をすることによって、あらゆる道にも対応できる走破性を持っているのです。

4WDというのは非常にメリットの多い駆動式であり、特に走行安定性の高さというのは最大の特徴となっています。
4つのタイヤが全て駆動しているので、4輪のうち2輪しか駆動しない2WDと比較をしてはるかに高い走行安定性を持つものとなっています。

2WDというのは駆動輪が2輪しかありませんから、片輪の駆動が失われれば安定性が大きく損なわれることになってしまいますし、両輪の駆動が失われればコントロールをするのが難しくなってしまいます。
しかし、4WDの場合には1輪の駆動を失っても残り四輪でそれを補うことができますし、2輪が失ってもまだ2輪の駆動が残っているのでコントロールが完全に効かなくなるということはありません。
最悪3輪の駆動がなくなってしまったとしても、1輪の駆動が生きることになるので雪道などの悪路でスタックしてしまうような状況でも残りの1輪で抜け出すことが出来るということもあるのです。

また、4輪全てに力を伝えることができるので直進安定性が優れているというのも魅力であり、とにかく真っ直ぐ走ることができるという利点があります。

このように4WDというのは走行性能の面に関しては、非常に優れた駆動方式となっているのです。

4WDというと雪道などの悪路のためにあると考えられがちですが、それだけでなく全ての路面状況に最適なのが特徴となっています。
凍結路面など滑りやすい状況では四輪が駆動する安定感というのは、非常に安心感の強いものですがその効果というのは何も悪路だけでなく、通常の乾燥路面でも同じことがいえるのです。
四輪全てに力が加わった状態であるため、直進安定性に優れているのでハンドルなどを取られてしまう心配が少なく、安心して運転をすることが出来るという利点があります。
凍結路面ほどではないにしても、年間を通じて多い雨天時などにも安定性の高さがいかされ、スリップしやすい路面であっても四輪がしっかりとトラクションを地面に伝えることができるので、安定した走りをすることができます。

例えば、二輪車であれば駆動輪が二つしかないわけですからひとつあるいはふたつのトラクションが失われればそれだけ走行安定性は大きく落ち込んでしまうわけですが、4WDの場合にはひとつまたはふたつトラクションがかかっているわけですから完全にコントロールを失ってしまうというところがないのが強みとなっています。
このように4WDというのは走行安定性に関しては、ずば抜けたものを持っています。

4WDはパワーを効率よく路面に伝えることができるので、不安定になりにくいシステムとなっています。
2WDと比較をするとわかりやすく、2WDの場合には駆動しているタイヤはふたつしかありませんからどちらかの駆動が失われればそれだけで安定性が大きく低下をしてしまうことになります。
両輪の駆動が失われてしまえば、車体を制御すること自体も難しくなってしまいます。

しかし、その点4WDの場合には駆動輪が倍の4つあることから常に効率よく路面に力を加える事ができるので高い安定性を持つことになります。
1輪の駆動が失われても3輪が残るわけですし、2輪の駆動が失われてもまだ2輪残っているので2WDと比較をするとはるかに安定性が高いということになります。
そのため、一般的に4WDは悪路でその力を発揮すると思われがちですが、通常の走行をするにしてもしっかりと路面にパワーを伝えることができるので高い安定感を感じることができるのです。
特に直進安定性などは優れているので、高速道路などを走る時でも安定した走りをすることができるので非常に安心感のあるものとなっています。

4WDという駆動方式はこのように、高い走行性能が魅力のものとなっているのです。

4WDの特徴と注意点

| 未分類 |

4WDの最大の特徴は、四輪全てが駆動するところにあります。
四輪全てが駆動することにより、雪道などの悪路でも発進に戸惑うことが無かったり、直進安定性能が優れているなどといった特徴があります。
雪道などでは四輪全てが前に進もうとするわけですから、タイヤの一部が滑っていても残りのタイヤが後押しをしてくれる形になるので2WDの車よりも発進が楽になります。
同様に四輪全てが駆動していることから、前に進もうとする力がしっかりと働くので直線での安定性も高まるということになります。

走行性能に関する点としては申し分のない4WDですが、注意すべき点もありまず第一に部品が増えることによって車重が重くなってしまうため燃費が悪くなりやすいという欠点があります。
車重が重くなればその分だけ止まりにくくなってしまうので、その辺も4WDの欠点となっています。
部品点数が増えることにより車重が重くなるだけでなく、車両価格も高くなってしまうので4WDは金銭的な面から考えると不利な駆動方式となってしまうのです。

4WDは車の機構としてみた場合には利点が多いものの、実際に使用をするとなるとその恩恵を十分に受けることが出来ない環境の場合金銭的な負担が大きいという欠点があります。

a0001_013026燃費が悪いという理由から、自動車メーカーからもユーザーからも敬遠されている4WD車ですが、降雪、凍結のある山間地や北海道においては、4WDは必要不可欠な駆動方式と言えます。そもそも、路面状況が悪化すればするほど4WDはその威力をいかんなく発揮するのです。制御システムは高価なものから安価なものまで様々ですが、エンジンからの駆動力を4輪全てに伝達させるため、急加速をしない限りは、発進は難しいものではありません。ところが、前輪駆動のFFや後輪駆動のFRが発進しようとすると、スムーズに行かないので4WDはなくてはならない存在です。
先に述べた通り、一口に4WDと言っても、様々は制御システムがあります。前後のパワーバランスを自動調整する電子制御式や、空転を感知したら後輪に駆動力を伝えるというものもあります。前者はスポーツカーなどの高級車、後者はコンパクトカーなどに用いられることが多いですが、前者は、発進、加速共に申し分ありません。だからといって、後者が劣っている訳でもなく、若干のタイムラグはあるものの、FFとは比べ物にはならない安定感があります。
ただし、4輪駆動には前後輪をつなぐプロペラシャフトを始めとした専用パーツが必要となるため、室内空間、重量、コスト面などの犠牲を払う必要性が出てきます。常に安定した発進、加速を求めるには必要不可欠ではありますが、同時に厳しい燃費基準をクリアしなければならないメーカーの思惑もあります。そのためにはプロペラシャフトを廃止し、タイムラグのない電子制御式の4輪駆動システムを確立するべきでしょう。FFと遜色のない燃費性能があれば、需要が増える可能性もあります。

最近の投稿